1月12日(日) 椎名町にあるバッハハウスにて、
生徒による”小さいコンサート”がありました。
5月11日(日) 大泉学園のゆめりあホールで発表会をやりますが、
その前に普段弾いている曲を、
人前で暗譜で弾いてみましょうというのが主旨でした。
早い話が「緊張の練習」です。
会場の大きさもあり、ご親族までというお声掛けでした。
寒い中、お運びいただいた保護者の方々、ご親族の方々、
本当にありがとうございました。
皆様のお陰で、温かく和やかな時間を持つことができました。

いい経験になったのではと思います。
それぞれが自分に「評価」を出しているようです(笑)
私や保護者に言われなくとも、自分で何かを感じ、評価し、そして考える。
そういう能力を、みんな充分に持っています。
私は子供の持っている能力を可能な限り引き出し、
足りない部分は補足しながら、最終的に自分でできるようにする。
それだけです。
私は、プロを作っていくための存在ではありません。
プロを目指すかどうかはずっと延長にあること。
そして、それは全く別の話です。

5月の発表会に向けて、
「いい緊張」が生まれてきたように思います。

問題がひとつ・・アンプガイチバンアヤシイノハ、ワタシデシタ^^;
ガンバリマス(^^)/