この二つの言葉は、難しいなと思います。
力を抜いて精神が楽になることが楽しいと思えば、
リラックスできる状況ですよね。
生きていく上で、とても重要だと思います。

「音楽」って音を楽しむと書きますが、
音楽を本当の意味で楽しむことができるようになる為には、
「楽」と決別しなければならない瞬間が多いです。
練習の過程は決して楽じゃないし、
小さい小さい一歩を進むために、膨大な量の時間も労力を費やす。
これって音楽の世界に限った話じゃないと思っています。

たまに「練習って嫌いじゃない」と言う方に会いますが、
尊敬、羨望、尊敬、羨望・・・・・
ちなみに私は「大の練習嫌い」でした。
昔は「練習嫌いの女王」と言ってもいいでしょうね。
若い時はまだいいけれど、怖さを知ってくると「練習」が与えてくれる「安心」があることに気が付きます。
もっと早くに気がつけば、もっと大物に・・・なれないか・・・。

「楽」は「音楽」を奏することにおいては「楽しい」につながらない。
「楽」から決別してこそ、真の「楽しい」につながる。
ある年齢からずっと信じていることです。
もっと早く気がつけば、もっと・・・・だから・・なれないって・・・。