数日前、30年近いお付き合いになろうとしている、
フルーティストの同級生から楽譜が届きました。

とても美しく製本されていました。
製本て、本当に性格が出るんですよね。
曲がったことが嫌いで、丁寧な彼女の性格そのものの「製本」でした。

それと一緒にメッセージが。
「美砂がどんな音で弾いてくれるか、楽しみにしています」

何度言われても、この言葉って本当にうれしいんです。
彼女と一緒に奏することは初めてではありませんが、
とても新鮮で待ち遠しい気持ちでいっぱいです。

譜読み・・・早く終わらせなきゃ。