Archive for 1月, 2012

いっぱいいるんです。
いまだに「知らなかった」ことの多さに驚きます。

どうして有名な作曲家の曲ばかりが、
聴こえてくるんでしょうか。
あまり知られていない作曲家の数多くの作品で、
とても魅力的な曲って、たくさんあるんですよ。

つい先日、
一台八手の連弾を弾かせていただきました。
想像してください。一台に四人が座るということです。
全員大人だったので、当然はじっこの人たち・・・はみ出しました。
本当に短い曲でしたが、
その合わせは楽しくて楽しくて・・・・・。

声を掛けてくれたのは旧知の友人、
そしてその友人を通して、また新しい出会いにも恵まれました。

セシル・シャミナード作曲
「銀婚式」

知らないでしょ、シャミナード。私も知りませんでした。
まだまだ勉強しなくてはいけませんね・・・・・。

新年になり、レッスンも始まり日常が戻ってきました。
風邪も引かず元気な子供たちの声は、
こちらまで元気にしてくれます。

家の前を幼稚園、学校、保育園に通う子供たちが通ることが多いのですが、
子供の声が日常に聞こえるって・・実は大切で幸せなことだと思っています。

夏は特に窓を開けていると、
親子の会話が聞こえてきて、微笑ましくなることがあります。
私の子育ては、少しずつ終わりに近づいていますが、
今まさに大変な時期を過ごしているお母さんたちの、
子供とのゆったりした会話が聞こえてくると、
「どうか、今のその瞬間を大切にしてほしい」と思います。

去年は色々なことが起こりました。
今年は、子供たちを含め、
みんなが穏やかな日々送れるような年であってほしい・・、
そう心から願っています。