駅の近くの桜並木、本当にきれいです。
ちょっと忙しくお花見に行くことはできないので、
桜並木を眺めて幸せな気持ちになっています。

「お花見自粛」なんて言葉が聞こえてきたりして。
でも、みんな桜を見て美しいと思って、
何だか元気をもらった気がするじゃないですか?
元気があれば、その元気を人に分けてあげられる余裕も出てくる・・と思うのです。
お花見や旅行に行く人たちのことを、
「こんな事態を軽視している人たち」だと思えないのです。
みんな心のどこかで痛みを感じています、きっと。

自然の脅威にすべてを持って行かれたけれど、
上を向いてきれいな空と桜を見ると、
「自然への敬意」に気が付きます。

桜から元気をもらいましょうよ!!