つい先日、ヴァイオリンのお教室の伴奏のお話を書きましたが、その中に「ちょうちょ」という曲があります。

そう!!!! 

ちょうちょ~ちょうちょ~・・と、誰もが知っているあの曲。
その伴奏譜を初めて見たとき、あまりの和音の美しさに驚きました。
フランスチックな和音で、練習し始めたとき、「伴奏だけ聴いていると、ちょうちょだって何人の人が気が付くだろう・・」と思いました。

実は今、私のところにとても小さな男の子が通ってきてくれています。
本当の意味での「ピアノのレッスン」が始められるまで、まだ少し時間が必要ですが、レッスンに来てくれる時の笑顔を見ると、こちらが元気をもらえるようなお子さんです。

まずは片手で「ちょうちょ」を弾けるように・・と、様子を見ながら勝手に私が目標を立てていました。

その矢先にこのヴァイオリンの伴奏譜に出会ったので、今は「彼が弾けるようになったら伴奏譜を移調して連弾をしたいなぁ~」と考えています。

楽しみだなぁ~~!!